【美容師が教える癖毛奮闘記】髪の毛まだ諦めないで! ハイヤマカシ後藤

美容師の目線から、髪の毛のトラブルや、髪の毛のお悩み、美容室の裏側話しを真実をリアルに配信する日記になります。『どうせ自分の髪質だから・・』『どうせいつも同じにしかならないから』『どうせ何をやっても失敗するから』まだ諦めないでください!美容師さんのスキルによって仕上がりは変わります! 【札幌占い美容師ハイヤマカシ後藤】

受け入れよう!みんな違う価値をもっている【迷いに役立つ裏研究室19】

今回は【受け入れよう!みんな違う価値をもっている】です。

ザ•シークレット…Drディマティーニからの一部だ!

自分の中で価値が低いものって…やりたがらないよね〜

価値が低いもの→人から言われないとやらない。外部の力からしょうがなくやる。

これは、自分の中での価値の位置づけが低いということだ!

逆に、価値が高いもの→外部の力なしで自発的に湧き出てくる。

旅行の前や楽しみの朝など目覚めが違うことがある。これも価値の高い一つの湧き出る感情だ!

ショッピングモールを歩いているのをイメージしてほしい。

あなたは、どんなお店の前で立ち止まってますか?

そのお店に関係することが、あなたの価値の優先順位だ!

子供に対して価値が高い人→子供服や子供用品のお店の前で立ち止まる。

ビジネスに価値が高い人→スーツやコンピュータや本などのお店の前で立ち止まる。

自分の価値感にフィルターをかけて世の中を見ているからだ!

だから、みんな違う価値の優先順位があってあたりまえだ!

男女関係でよく価値感が違うから別れました〜なんてのも優先順位が関係している。せめてお金に対する価値感ぐらいは近い方が良いお付き合いができるでしょう!揉め事も少ないでしょう!

どんな人も自分の最高の価値を求めようとする!価値に反することを避けようとするのだ!

子供は母も父も価値が低いと思っているものに興味をもつ。

それによって家族全員が成長できるようになっている。

両親が抑圧して、これはダメと思っていることを子供はやりたがる。

プラスにとれば、自分以外の人の価値を受け入れるのも自己成長につながる。ただ、相手の価値で生きるのは違う。

子供に価値を押し付けるのは間違いだと思う。

母父は子供の教師であり、子供は母父の教師である。

お互いの価値を受け入れること…それが自己成長につながるに違いない!

皆さん…価値を押し付けてないですか?


札幌★西区★琴似★占いサービス★美容室

【ハイヤマカシ】


みなさんがハッピーになります様に…







iPhoneからの投稿

広告を非表示にする