【美容師が教える癖毛奮闘記】髪の毛まだ諦めないで! ハイヤマカシ後藤

美容師の目線から、髪の毛のトラブルや、髪の毛のお悩み、美容室の裏側話しを真実をリアルに配信する日記になります。『どうせ自分の髪質だから・・』『どうせいつも同じにしかならないから』『どうせ何をやっても失敗するから』まだ諦めないでください!美容師さんのスキルによって仕上がりは変わります! 【札幌占い美容師ハイヤマカシ後藤】

アイロン操作スピード編♪美容師のための【裏ベーシック】初級編★10

今回は無駄をはぶいたスピード・アイロン操作編です。

ブロッキングは両サイドとバックを3つに分けとります。
オールパーパスみたいなブロッキングですo(^-^)o

バックは特に頭の丸みが強いのでアイロンの端と端を気をつけます!

何よりもスピードが必要ですよね〜

美容師のための【裏教科書】ハイヤマカシ-100820_1628~0001.jpg

まずはスライスをとります。

この時♪毛束をたるませるとスライスがダッカールでも綺麗にとれます!


美容師のための【裏教科書】ハイヤマカシ-100820_1629~0002.jpg

左手の薬指と小指の間にこれからアイロンを入れる毛束を挟みます。

指で挟んだまま上の毛をダッカールでとめて…♪



美容師のための【裏教科書】ハイヤマカシ-100820_1647~0002.jpg


右手にアイロンを入れる毛束を移動します。。。



美容師のための【裏教科書】ハイヤマカシ-100820_1648~0001.jpg


ツインブラシで均一なテンションをかけていきます。
注)あまりブラシの毛が荒かったり…
接着面が斜めだったり…
確認をして下さい。当店ではハサミでブラシをカットしてテンションのかかりすぎを防いでいます★
◎やはり根元はツインブラシの方が指より均一なテンションがかかるでしょう♪
まとめ的には…!

とったスライスはけして指から離さないことで、かなりの時間短縮になるはずです〜

後は自分でスピードを意識したリズム感をつくればO.K.♪


アイロン操作を早くするのは★お客様のためでもあり・自分のためでもありますo(^-^)o


どうすればスピーディーに出来るか…
スタッフとの話し合いも大切ですね!

後輩から教わるものも沢山ありますから。。。


札幌西区《美容室ハイヤマカシ》

広告を非表示にする