【美容師が教える癖毛奮闘記】髪の毛まだ諦めないで! ハイヤマカシ後藤

美容師の目線から、髪の毛のトラブルや、髪の毛のお悩み、美容室の裏側話しを真実をリアルに配信する日記になります。『どうせ自分の髪質だから・・』『どうせいつも同じにしかならないから』『どうせ何をやっても失敗するから』まだ諦めないでください!美容師さんのスキルによって仕上がりは変わります! 【札幌占い美容師ハイヤマカシ後藤】

知らないと損をする美容室の裏知恵袋

美容師『今日担当する○○です!』

客『ふわっとパーマかけたいのですが』

美容師『わかりました。痛まないコスメ系のパーマ液でかけていきますね』

客『お願いします』

注意点…痛まないパーマ液なんて絶対ありえない‼
そんな美容師は信用してはいけません

美容室があつかっているパーマ液は、今現在この様な種類があります。

●チオ
●シス
●システアミン
●チオグリセリン
●ラクトンチオール
●サルファイト
●酸性チオ
●などなど…省略

どんなパーマ液でもデメリットはあります。

よくコスメ系のパーマ液というのを耳にするかと思いますが、システアミンなんかが多いです。

濃度によってかなりかかりに差があります。

優しいパーマ液とうたっていても、乾燥しやすくパサついたり…

美容師さんの中でも種類を知らず、とりあえずコスメ系を使う人がいるほどです。

知識がない美容師さんはディーラーさんのうまい様に利用されて、とりあえず旬のパーマ液を使っていたり…

お客様の髪の状態に合わせて選択すれば、【バブル時代のチオ】だって悪いパーマ液ではけしてありません。

知識がないのが、1番危険です…

これから長い付き合いの髪ですから、少しでもダメージを抑えたいものです。

だから『痛まないパーマ液でやりますね〜』

なんて信用しちゃいけませんよー

しっかり使用しているパーマ液の説明などしてくれる美容師さんにお願いするのが良いかと思います。

では〜また美容室の裏知識袋よろしくです。

札幌 琴似 占い 美容室

【ハイヤマカシ】

rakugaki:01
アップアップ!!



iPhoneからの投稿

広告を非表示にする